スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KING JIM BATERI バテリオ

 KING JIM社 の BATERIO(バテリオ)(下の写真)が趣味のおもちゃ箱に入っています。

 色は、黒と赤の2色展開で、趣味のおもちゃ箱に入っているのは黒いバテリオです。

 

 

 A5サイズのノートカバーですが、2400mAhの充電池が内蔵されています。

 大きな特徴は4点です。

  ◎充電池内蔵ノートカバー

  ◎いざという時、いつでもスマホを充電

  ◎バッテリー残量をLEDで表示

  ◎手書きのメモをすっきりデジタル化「ショットノート」付属

 

 箱からバテリオを取り出してみました(下の写真)。

 

 

 右側に開くフラップ(下の写真)は、マグネット式留め具となっています。

 上の写真と下の写真に写っている白い円柱状のものは、右側の丸みを保護するための梱包材です。

 

 

 更に、左側のフラップを開くと、中央部にA5サイズのショットノートが収められています(下の写真)。

 

 

 収納することができるノートあるいはメモパッドは、A5サイズ(210mm × 148mm)のもので、厚さは最大約8mmとなっています。

 

 開けた左側のフラップ部分(下の写真)に、充電池とケーブルが収められています。

 

 

 左側のフラップに付いているカバーを右へ開くと、ケーブルが出てきます(下の写真)。

 下の写真のケーブル、左から充電用のUSBケーブル、出力用のmini USBケーブル、出力用のメス型のUSBケーブルとなっています。

 iPhone 5の充電には、別途 Lightning ケーブルを用意して、そのケーブルのUSB端子を一番右側のメス型のUSBケーブルに繋ぐことになります。

 

 

 電源スイッチの横には、4つのLEDランプが付いていて、緑色に点灯することで、充電状態を示してくれます(下の写真)。

 

 

 中央部と右側のフラップの間の部分(白い円柱状の梱包材が収まっていた部分)には、ホルダーがあり、ペンやiPhone用のUSB-Lightningケーブルを収納することができるようになっています(下の写真)。

 

 

 同梱されている取扱説明書(下の写真)によると、内蔵充電池は交換不可のリチウムイオン電池 3.7V 2400mAh の容量です。その内蔵充電池の寿命は約300回となっているので、寿命が尽きたら単なるノートカバーという哀しい状態になります。充電池は常時使うものではなく、あくまで非常用というものでしょうか。

 パソコンのUSB端子から充電した場合、充電に必要な時間は約7時間となっています。

 

 

KING JIM社 BATERIO のWebページ

 http://www.kingjim.co.jp/products/smartphone_tablet/baterio/

 

アマゾンで詳細を見る

 KING JIM バテリオ(ノートカバータイプ) 黒 BAT10クロ

 KING JIM バテリオ(ノートカバータイプ) 赤 BAT10アカ

 

このブログを書く励みになります。ポチッとお願いします。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
 職場では iMac、自宅では MacBook White、モバイルには MacBook Air、携帯は iPhone4、タブレットは iPad2 と Apple 大好きな Hobbytoybox です。文房具、LEGO、電子工作に興味があり、私の趣味のおもちゃ箱の中には、そういった様々な物が入っています。おもちゃ箱の中の物を紹介していきます。また、おもちゃ箱の中に入れたい物も紹介していきます。

hobbytoybox

by hobbytoybox

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
記事のリスト一覧
Twitter Update
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

古着大好き♪ミルク店長の独り言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。