スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ikeda Product iDice mini

 ステレオ誌8月号 特別付録 SCANSPEAK製 50mmフルレンジ スピーカー ユニットのエンクロージャ ですが、結局 Ikeda Product の iDIce mini にしました。

 

 アイダイス ミニ(iDice mini)の特徴は、

  ◎ドライバーだけで組み立てができる

  ◎バッフルは贅沢なアルミ削り出し

  ◎リアバスレフによる低音増強

  ◎ボディーは高品質アクリル製

 

 1台分のパーツを示します。

(1)ボディ 前面から(下の写真 左)と、後面から(下の写真 右)です。

 

  

 

(2)バッフル 表側(下の写真 左)と、裏側(下の写真 右)です。

 

  

 

(3)パッキン ボディとバッフルの間に挟むパッキン(下の写真 左)です。

(4)ネジ スピーカーをバップルに留めるネジ(下の写真 右)です。

 

  

 

(5)ボルト ボディとバップルを留めるボルト(下の写真 左)です。

(6)ワッシャー ボルトで留めるときのワッシャー(下の写真 右)です。

 

  

 

(7)足ゴム ボディの底に付ける足ゴム(下の写真)です。

(8)スピーカーユニット Stereo誌8月号の特別付録です。

 

  

 

 スピーカーボックスの製作過程です。

(1)バッフルに付属のネジでスピーカーユニットを取付けます(下の写真 左)。

(2)バッフルの裏にパッキンを取付けます(下の写真 右)。

 

  

 

(3)スピーカーユニットにボディーから伸びている2本のケーブルを取付けます(下の写真)。ケーブルに白線が入っている方をスピーカーユニットの+側端子に取付けます。

 

 

 スピーカーユニットの端子には+−があり、片方の端子付近のマグネット部にシールが貼ってあって+の表記があります(下の写真 左)。もう片方の端子付近のマグネット部には、何も貼られていません(下の写真 右)。

 

  

 

(4)ボディーとバッフルをセットして、裏側からボルトにワッシャーを通して4箇所ネジ止めします(下の写真 左)。

 

  

 

(5)最後にスピーカーボックスの底面の四隅4箇所に足ゴムを貼り付けて(上写真 右)完成です。

 

完成したスピーカーボックスの表側(下の写真 左)と、裏側(下の写真 右)です。

 

  

 

 もう1つのスピーカーボックスも同じように組み立てて、ステレオスピーカーシステムの完成です(下の写真)。

 

 

 Ikeda Product iDice mini のWebページ

  http://www.ikedaproduct.jp/item/IKE012/

 関連する趣味のおもちゃ箱の記事

  Stereo誌 8月号

 

このブログを書く励みになります。ポチッとお願いします。
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ にほんブログ村 その他趣味ブログ LEGO・ブロックへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
 職場では iMac、自宅では MacBook White、モバイルには MacBook Air、携帯は iPhone4、タブレットは iPad2 と Apple 大好きな Hobbytoybox です。文房具、LEGO、電子工作に興味があり、私の趣味のおもちゃ箱の中には、そういった様々な物が入っています。おもちゃ箱の中の物を紹介していきます。また、おもちゃ箱の中に入れたい物も紹介していきます。

hobbytoybox

by hobbytoybox

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
記事のリスト一覧
Twitter Update
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

古着大好き♪ミルク店長の独り言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。